販売王のデータで自由に帳票を作る・・・その3

SQL文をゴリゴリ書いた買掛金管理表の拡張版も作成しましたのでまとめます。
1)売掛金管理表 拡張版:入金は「現金・振込・振込手数料・値引・その他」に対応
2)買掛金管理表 拡張版:支払は「現金・振込・振込手数料・その他」に対応
・両方ともエクセル(Excel)のみで実行可能です。
・販売王12で動作を確認しています。
・数字が出ないなどの場合は、一度、「動作設定」シートをご確認ください。
 2012.2.24 追記)販売王13の場合は「動作設定」シートのDB名を SPR13DB01 へ変更が必要です。
・ダウンロード後に任意のフォルダーへ解凍して実行してください。

作成の経緯。
販売王には月次帳票を自分でカスタマイズして作成できる機能があり、これは大変有り難い機能です。
しかし売上額や仕入額へ消費税を含めた形にすると明細毎に「再計算」が行われてしまい、請求時(支払時)一括にしている場合には毎月数十円の誤差が出てしまいます。・・・この件については仕様上仕方のない事かと思います。
しかし、売(買)掛金管理表の補助として手数料を知りたいためにカスタマイズ作成する事が目的で有ったために、無意識に「突き合わせ」をしてしまう数十円の誤差が気になりました。売上(仕入)額を印刷しなきゃ良いと言ってしまえばそれまでなんですけどね。

データを確認すると伝票毎にも消費税を保持しており、これが伝票毎に四捨五入されてたり切り捨てられたりと非統一な状態を発見。理由は?と追及するうちに「請求時一括の消費税」=「伝票毎の消費税の合計」にするために、自動で微調整している事に気が付きました。・・・販売王って内部で凄い事やってますね。このおかげで元帳とかがちゃんと出るんですね。

そこで伝票毎の集計を単純に行っても大丈夫との結論に至り、今回のような帳票を作成しました。
これで印刷枚数も少なくすみます。突き合わせや転記作業が楽になります。

ただし、お約束ですが・・・ソリマチさんとはまったく無関係に作成したものですので、先々までこのプログラムが使用できる保証はありません。バージョンアップと伴に消費税の持ち方などの内部仕様変更で使えなくなる可能性もあります。

最後に「がんばれソリマチさん!」「がんばれ王シリーズ!」


カテゴリー: Excel パーマリンク